Menu

GODDESS

2018年
02月23日

伊良湖のケンチャン来る

伊良湖のケンチャン来る

昨日 伊良湖から 健ちゃんが 来てくれました。

久しぶりに会って 健ちゃんの頭のてっぺんが薄く成って居るのには

驚きでした。((笑))

健ちゃんは元々は名古屋の人間で

伊良湖の波が気に入って  其処に住み着い根っからのたサーファーです。

若い時は GODDESSのライダーをやってくれて居ました。

伊良湖の地元の鈴木君も健ちゃんの紹介でGODDESSのライダーでした。

鈴木君は 今では キーパーズと云うショップをやって居ます。

地元の利を活かし 伊良湖最大のショップです。

健ちゃんの他に  パンダ が居たんですが 2年前に他界しました。

パンダも良い奴で  ズッと死ぬまで 僕のシエープに乗って居てくれました。

テントのオレンジカラー のスリーストリンガーを削って持って行ったのが最後に成りました。

健ちゃんは サーフィン 最盛期  GODDESSの工場で

働いて居て、朗らかで 今でも 茅ケ崎には友達も居て

時々遊びに来て居ます。

この日も 朝 デニーズに行ったら   ショウちゃん と食事をしていて

其処で会いました。

その後 SHOPに来てくれて  撮影した ショット  です。

健ちゃんは伊良湖の家の屋敷の中に シエープルームを持って居ます。

伊良湖に住み着き  郵便配達をやって来て 今では

悠々自適の生活をしています。

只 首の頸椎を痛めて 海にはあまり入って居ない。  と言って居ました。

首の頸椎損傷は 今ハワイでも 問題視されていて

 {サーファー病} として医学学会でも 取り上げられて来て居ます。

日本でも  多くのサーファーが 同じ悩みを持って居ます。

健ちゃんの体験を聞いて  何か回避する秘策が無いか と思って居ます。

私のサーフィンの教え子の厚木に開業した 野地脳神経外科クリニック  の野地先生も

この サーファー病  の事は研究してくれています。

健ちゃんはこの後 内の工場へ行って見る。   と言って

分かれましたが  お酒を少しセーブし、  また サーフィンやれる身体に

戻してほしいと願って居ます。

ケンチャン  また 5月頃伊良湖に行くから 元気でね。

伊良湖は  私に取っての サーフィンの第2の故郷です。

伊良湖に 初めて  サーフショップと 工場を作ったのは GODDESSです。

この歴史は変わりません。

東名高速が出来る前の話です。