Menu

GODDESS

2018年
12月08日

落語

落語

皆さん、落語と言っても余りピンと来ないんではないかと思います。
私は昨年に続き 今回で2回目に成りますが
聞きに行ってきました。
当クラブメンバーのお寺さんの趣向で開催されるイベントで
多くの方が集まって来ていました。
立派なお寺の本堂で開催され
最初に和尚さんから仏の有難いお話を拝聴し
渡された1枚の紙に仏教の一節がプリントされていて
全員で和尚さんの後に従って読経し、
それが終わってから切り絵の芸人さんが登場し
其の後に 本命の落語家が登場し
本物の 落語が始まりました。
登場する時に井出達、座布団に座る仕草
全てがお洒落で、カッコ良く
話家としての完成度の高さを感じました。
 座って即、話に入って、そのタイミング、話の、間。
話の取り口、すべてが 勉強に成りました。
笑いを誘う話のテクニック、簡単に出来るものでは有りません。
 私も、最近少しづつ話の依頼も入る様になり
人前で話す事の難しさを痛感しています。
特技、と言うかその絶妙な取り組み方に感動を覚えます。
 又玄関に有った人を迎える何気ない 植栽の気風
お寺さんならでの気使いを感じました。
檀家さんを前に御利益のある有難い話をしている和尚さん
この方が バリバリのサーファーだとは
誰も知る由が無い事だと思われますが
このギャップを知っている私は何か狐に騙されている様な
錯覚に陥ります。
 南無阿弥陀仏 ありがたい事には違いありません。
何事も勉強ですね。